ジャッジガベル

手続きにかかる期間

個人再生の手続きは、裁判所と弁護士費用を合算すると約70万円程度かかります。非常に高額な債務整理の手続きではあるのですが、例えば1000万円の借金ある場合300万円まで減額できます。費用を払ってでもそれに見合った効果があります。

本

節約だけで個人で行わない

個人再生の手続きをするなら、費用を節約できるからという理由だけで自分一人で行わないことです。自分で行うには、指定期間迄の書類の準備や作成は困難です。申し立てが認められるまで督促は止まらないです。弁護士に依頼することで督促はストップ、書類記入もおまかせできます。

男女

特則を利用した場合の相場

35万円から40万円の費用がかかるのが、住宅ローン特則を利用する個人再生です。弁護士や司法書士に費用を支払う必要はありますが、分割払いや返済時期の相談が可能です。まずは気軽に相談し、費用の総額を提示してもらいましょう。

説明

コストを下げるコツ

個人再生をこれからするならば費用についてはじっくり検討してみましょう。どのくらい費用がかかるか知ればより安心できます。費用は完全成功報酬の弁護士事務所を利用するといったように工夫次第で下げられることもポイント。

電卓

一からの出直しコスト

個人再生は裁判所の手続を通じて借金を減額して実現可能な返済計画を立ててもらい履行していくという再生手続きの一種です。その費用は手続きに要する費用と専門家に委託する費用に分かれていますが、一般的には弁護士に任せてしまった方が安くなるケースが多いようです。

借金問題の解決方法

男性

いくつかの方法があります

借金問題の解決方法は様々な種類がありますが、自己破産・債務整理の他に個人再生があります。自己破産と同じように個人では手続きが難しい事から、弁護士や司法書士の士業に依頼をして手続きをとる事が一般的です。特徴としては債務弁済が5分の1に減免される他、その債務を3年から5年かけて返済をしていきます。また自己破産では自己の資産も処分する必要がありますが、この個人再生では住宅や車を残す事が出来ます。また自己破産と違って職業の制限を受けない等の特徴がありますが、裁判所に申し立てを行い認められる必要があります。この際には個人の再生計画書を作成して提出する必要がありますが、その再生計画書が認められればそこから返済がスタートする形となります。なお個人再生では自己破産とは違って継続的な収入がある方が対象となります。弁護士や司法書士の士業に依頼をするとなると当然費用が発生してきます。この個人再生にかかる費用は大きく2つに分かれます。1つ目の費用は裁判所に支払う申し立て手数料等です。2つ目は弁護士や司法書士に払う報酬です。これを合わせて費用請求されますが、弁護士と司法書士では個人再生にかかる費用が違っていて、弁護士のが一般的に高く30万〜50万程度が相場だといわれています。逆に司法書士は20万から30万程度となります。司法書士に依頼をすると自ら準備や手続きをするケースも増える為、費用は若干安めに設定されています。