一からの出直しコスト

電卓

法的手続で再生するには

過大な借金を抱えて首が回らなくなった場合に、最後に頼るべき手段ともいえるのが個人再生です。個人再生とは、裁判所の手続きを経て借金の額を軽減してもらい履行可能な返済計画を立てて返していく債務整理の手段ですが、これを利用するには無料という訳にはいかず数々の費用を要します。まず最初に個人再生に必要となる費用が、裁判所に対して支払うことになる金額で、具体的には収入印紙代、官報掲載費用、切手代、再生委員への報酬などで、一般的には30万円程度となります。これに加えて、一般人ではなかなか馴染みのない制度ですので、弁護士や司法書士といった専門家のサポートが必要不可欠となり、彼らに支払う報酬がプラスアルファの費用として必要になります。弁護士で30万円から50万円、司法書士で20万円から30万円程度というのが相場となっています。書類作成は弁護士でも司法書士でも行うことが可能ですが、法廷における代理人として活動してもらうのは弁護士にしかできない業務です。再生委員を使う場合には司法書士、使わない場合には弁護士といったように使い分けることが通常ですが、両者を比べると弁護士に一括して委託した方が安く収まるケースの方が多いようです。弁護士費用は、着手金と成功報酬に分かれていることが多いですが、事務所によっては成功報酬だけというところもありますので、個人再生するのにムダ金を払いたくないという場合には、そういったところを探してみてもよいでしょう。