節約だけで個人で行わない

本

弁護士に相談するメリット

債務整理で個人再生を選択する、そうなると自分自身で手続きを行う、司法書士に依頼する、弁護士に依頼する主に3つの方法があります。もし、弁護士に依頼をするのその費用の内訳は申立て費用1万円、官報掲載費用1万2千円、個人再生委員への報酬15万円〜25万円、これは個人で行ってもかかります。これに弁護士費用が着手金と成功報酬がかかり約50万円程度です。そのため個人再生は弁護士に依頼すると60万円〜80万円と高額な費用がかかります。これが、個人で行うと裁判所での費用だけになるので節約ができます。しかし、節約ができることだけを理由に弁護に依頼せず自分で行おうとしないことです。節約しかメリットがないからです。個人再生は、指定期間内に書類の作成や準備をしなければならないです。その量は膨大です。申し立て時に提出に必要な主な書類は、申立書、陳述書、債権者一覧表、家計簿、財産目録です。何の知識がないとまずどんな書類なのか理解するのに時間がかかり、自分で作成しなければならないのです。手続きが進むと再生計画案を提出します。再生計画案を立てるには複雑な計算が必要になりまうs。弁護士に依頼すれば、すべて記入してくれるので自分で記入する手間を省けます。個人であるとこれらの書類を作成し期限内に提出するのが困難です。また、申し立てが認められるまでは督促が行われます。ストップにならないです。弁護士に依頼すれば、受任した時点で督促は止まり手続きを代行してもらうことができます。