手続きにかかる期間

ジャッジガベル

お金はかかるが大幅に減額

個人再生の手続きの流れは、およそ6か月ほど期間がかかります。膨大な書類を準備したり、裁判所へも複数回通わなければなりませんが、弁護士に依頼をすれば依頼者本人の手続きとしては申し立てに裁判所へ、そして個人再生委員との面接、再生計画案に関する聴取くらいであり、それ以外は弁護士が手続きを担当してくれます。再生案が認可され弁済開始するまでは、おまかせすることができます。しかし、個人再生の手続きは費用がかかります。裁判所にかかる費用としては、申請手続き費用、個人再生委員への報酬、官報掲載料、郵便切手代、印紙代などで約20万円〜30万円程度です。弁護士費用は、着手金と成功報酬で50万円前後の費用がかかります。裁判所と弁護士での費用を合わせると、70万円以上はかかります。個人再生をするのに、これだけの費用がかかってしまうのですが手続きを行って借金が大幅減額されます。どのくらい減額されるかは借金額によって異なり、3000万円以上5000万円は10分の1、1500万円以上〜3000万円は300万円、500万円〜1500万円は5分の1、100万円〜500万円は100万円に借金を減額させることができます。例えば、500万円近くの借金がある方は100万円まで借金を減らすことができます。つまり、費用を払ってでも個人再生を行うことは、それ以上に借金が減額されることになりますので、十分有効な手続きであるといえます。