特則を利用した場合の相場

男女

残債務の返済時期を考慮

マイホームを手放すことなく、借金を減額できるのが個人再生です。個人再生には、他の債務整理にはない住宅ローン特則があります。個人再生の住宅ローン特則とは、住宅ローンは減額対象にしないもの。消費者金融やクレジットカードの債務は5分の1ほどに減額されますが、住宅ローンは減額しません。住宅ローンを借りた金融機関には何も影響しないため、マイホームにそのまま住み続けることができます。住宅ローン以外の借金が大幅に減額されるため、毎月の住宅ローン返済が一気に楽になります。ただ、個人再生は、裁判所への申し立てが必要です。弁護士や司法書士に依頼しなければ、スムーズに申し立てができません。そこで気になるのが、弁護士や司法書士に支払う費用です。住宅ローン特則を利用する個人再生の相場は、弁護士で40万円ほど、司法書士で35万円ほどです。事務所によって、これに印紙代や予納金、切手代などの費用が加算されます。まずは弁護士や司法書士に相談し、費用の総額を提示してもらいましょう。事務所によっては、Webサイトで総額の費用を掲示しています。少しでも早く個人再生を開始されたい場合には、Webサイトで比較するといいでしょう。弁護士や司法書士は、費用の支払いに柔軟に対応しています。費用の分割払いが可能なほか、返済時期の相談が可能です。個人再生が認可されると、減額された後の残債務を債権者に対して毎月返済していきます。この返済時期とかぶらないように考慮する事務所もあるため、費用の支払いに心配はありません。